最近のコメント

    省エネ・スマートハウス・長期優良・ZEHの違い

    省エネ・スマートハウス・長期優良・ZEHの違い

    最近、非常に話題に上る省エネ・スマートハウス・長期優良・ZEHですが、もう一度おさらいとしてどういうものなのかをきちんと理解してみましょう。

    省エネ住宅 冷暖房機器による消費エネルギーを減らすなど、省エネルギーに配慮した住宅のことをいいます。 具体的には、壁や床、天井、屋根に断熱材を入れたり、断熱・気密性能の高い窓やドアを用いる等によって、室内と室外との熱の出入りをできるだけ少なくします。

    冷 暖房による二酸化炭素の排出量を減らして地球温暖化防止に貢献できると同時に、光熱費を抑えるというメリットがあります。住宅の構造躯体(外壁の断熱・気 密性)を構成する窓や壁やドア・床などの断熱気密性能が重要視され、住宅業界ではパッシブ(受け身)・エネルギー住宅と言われます。

    スマートハウス 一般的なスマートハウス設備が「太陽光発電システム」「蓄電池」「HEMS」です。「ス マートハウス」とは、「太陽光発電」などがつくる電力や電力会社からの電力、蓄電池に貯めた電力など、家のエネルギーを賢く(スマート)使う住宅のことを 言います。 賢く使うためにHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を利用してエネルギーの出入りや機器を制御します。

    イメージ的には、

    省エネ住宅+創エネルギー設備+蓄エネルギー設備+HEMS設備

    で構成され、アクティブ(能動的)・エネルギー住宅といわれています。

    長期優良住宅

    長期優良住宅は認定制度であり、きちんとした定義があります。認定を受けるにはされるには、以下のような長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられている必要があります。

    長期に使用するための構造及び設備を有していること居住環境等への配慮を行っていること一定面積以上の住戸面積を有していること維持保全の期間、方法を定めていること

    これらの措置の基準として

    劣化対策耐震性維持管理・更新の容易性可変性バリアフリー性居住環境住戸面積75平方メートル以上維持管理・更新計画省エネルギー性

    が定められています。

    長期優良住宅と認定されるためには、これら9つの性能項目の基準を満たすように住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定し、住んでいる自治体などの認定を受ける必要があります。認定を受けた計画に従って建築をし、維持保全を行います。

    ZEH(ゼッチ) 閣議決定したエネルギー基本計画の中で、2020年には標準的な新築住宅をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH=Net Zero Energy House)とすることを目標に掲げられました。

    大手住宅企業を中心に2020年までに標準化を目指しているいます。照明や冷暖房など日々の生活で使う消費エネルギーと、太陽光発電や燃料電池など住宅でつくった創エネルギーを1年間で比べ、創エネルギーのほうが消費エネルギーより多い、または差がゼロになる住宅を指します。

    イメージ的にはスマートハウスに対して削減できるエネルギー量がきちんと数値目標とされているという感じでしょうか?

    政府の方針としては2020年以降は長期優良・ZEHとならない家は新築するなと言う方向性と思われます。大手住宅メーカーでは2020年に向けたZEHの標準化競争が既に始まっています。地場工務店もスマートハウス対応や長期有料対応、しいてはZEH対応が必須となる時代がすぐそこまで来ています。

    […]